メインメニュー


学校日記

最新ニュースブロック

投稿者: ono 投稿日時: 2012-10-16 20:22:35 (474 ヒット)

 10月9日に後期始業式を行い、後期がスタートしました。式の「校長先生のお話」中で校長は、全校児童に「後期は12月の研究発表会で最高の姿を見せられるように、頑張りましょう」と話しました。さらに、ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥教授の言葉「1つうまくいくのに、9回の失敗をしている」を引用して、普段の積み重ねの大切さを述べました。
 その後、3年生と5年生の代表児童が「後期に頑張ること」を発表しました。3年生は勉強のことや10月に行われるドッジボール大会のこと、あいさつのことなど前期を反省してつくっためあてや後期の行事に向けてのめあてなどを発表しました。5年生は、委員会の仕事やあいさつ、日常の生活態度など下学年の模範となるような高学年を目指したいと、高学年としての自覚をもっためあてを発表しました。
 小野小学校は全校腰骨タイム、校長先生の話、代表児童のめあて発表等々、気持ちが引き締まる後期のスタートを切りました。

全校腰骨タイム


校長先生の話


「後期に頑張ること」の児童発表


投稿者: ono 投稿日時: 2012-10-12 19:20:16 (662 ヒット)

 前期が終わりました。2年生と4年生の代表児童4名が「前期頑張ったこと」の作文発表をしました。子どもたちは、運動会や勉強、あいさつなど自分なりに頑張ったことを発表してくれました。4年生の子どもたちは、自分を見つめ、自分の気持ちをしっかりした言葉で発表することができました。どれも成長を感じる作文発表でした。
 校長は、前期終わりの話の中で数日前の「読書集会」の中で全校みんなで行った「祭り」(北原白秋作)の群読を取り上げて、みんなの「底力」を賞賛しました。小野っ子の底力を支える源は「あいさつする力」と「歩く力」です。あいさつする子どもは、本校の教育目標の柱の一つです。あいさつ力は、本日招いた「見守り隊」の方々の毎朝の見守りの力が大きいです。「歩く力」は、市内で最も大きな校区にあって、近くも遠くも毎日歩いて登下校している子どもたちのたくましさを言い表しています。その底力が、終業式開始前の体育館での全校一斉「腰骨タイム」の姿と静かに落ち着いて話を聴く姿に現れていました。

終業式前の全校一斉腰骨タイム


「前期が張ったこと」の作文発表


見守り隊の方々へのお礼の言葉


投稿者: ono 投稿日時: 2012-9-20 15:39:04 (672 ヒット)

 6年生が前期前半の6月に国語科の「学校のよさを宣伝しよう」(話す・聞く)の学習で書いた作文を紹介します。小野小の良さが子どもの素直な見方で書かかれています。8つのそれぞれの班が友だちと話し合って協力して書いた作品です。そのうちの1つを紹介します。
 「元気いっぱい小野小学校」
 私たち、小野小学校のいいところは、グラウンドが広いところです。グラウンドが広いと、サッカーコートが2面とサッカーゴールが4つあって、高学年と低学年が違うコートで試合ができます。そして低学年とぶつかることなく安全に遊べます。
 小野小学校について残念なところは、近くの川がよごれているところです。でも、5月下旬から6月にかけて、たくさんのホタルが飛んでいます。
 小野小学校には『ホタレンジャー』というホタルを守る活動があって、4年生が総合的な学習の時間に取り組んでいます。ホタルのためによごれている川の中のゴミ拾いをしたり、古賀市の『ホタルの会』の人たちとホタルを育てたりしています。そのため米多比川が少しずつきれいになり、ホタルが増えています。
 『グラウンドが広い』そして『ホタルを守る活動をしている』、それが小野小学校です。

ホタルの幼虫の飼育(ホタルの卵が乾燥しないように毎朝、水を噴霧します)


ホタルの幼虫の放流(ホタルの会の人たちと米多比川に放流しました<7月>)


投稿者: ono 投稿日時: 2012-9-6 20:47:57 (528 ヒット)

 夏休み明けすぐの8月30日に第1回小野っ子検定を実施しました。夏休み学習の力だめしです。この取組は昨年に学力向上の取組の一つとして始めました。昨年は、漢字検定と計算検定でしたが、本年度は国語と算数のそれぞれの学習内容全般から出題することにし、それぞれの名称も国語検定、算数検定に改めました。
 本検定には、子どもたちに長期休業中の家庭学習を前向きに取り組んでほしいとの学校の思いがあります。そのために検定の成績によって1級から9級の認定証をもらえるようにしました。子どもたちには、より上級の認定証を目指して頑張ってほしと思っています。また、第1回検定が第2回検定の学習の動機付けになってくれたらと思っています。子どもたちは、残暑厳しい中、1年生から6年生の全員が検定に最後まで粘り強く取り組みました。
 この取組は、古賀東中学校区連絡協議会で取り決めた本年度の学力向上の取組の一つでもあります。第2回検定は、冬休み明けに予定しています。


投稿者: ono 投稿日時: 2012-9-3 18:49:57 (503 ヒット)

 本校は年2回PTA除草作業を行っています。第1回の除草作業は運動会前の5月に行いました。2回目は夏休み明けの土曜日(8時30分から9で30分)に行いました。残暑厳しい中、保護者の方々と子どもたち、PTAの役員さん、主催者の施設構成員会の委員さんたち、そして本校職員で汗だくになって草取りを頑張りました。1時間後の校庭は散髪したようにすっきりなりました。汗をかいた後のジュースは格別美味しかったです。

強い日差しの中の除草作業(運動場の砂場付近)


草刈り機隊7機(本校は家に機械をもってある保護者に恵まれています)


投稿者: ono 投稿日時: 2012-8-27 11:49:01 (379 ヒット)

 本校の学力向上の取組の一つで、学校と保護者ボランティア、学習支援アシスタントと協働の取組です。7月に国語と算数の前期前半の内容の復習を行いました。初めての1年生も猛暑の中でしたが、2時間、頑張り通しました。チャレンジ週間はボランティアの先生方が優しく、分かりやすく教えて下さるので、子どもたちにとって楽しみな学習になっています。
 12月にはウインターチャレンジ週間を計画しています。


投稿者: ono 投稿日時: 2012-8-22 17:46:54 (695 ヒット)

 古賀市の小中学校で「こしぼねタイム」が行われています。これは長年、青柳小学校で取り組まれていたものを今年から古賀市の小中学校に広げられたものです。腰骨を立てることで、心もシャキッとなり、学習への集中力が高まります。朝の活動の時間に音楽に合わせて全校一斉に腰骨を立てて心静かに集中している姿は、瞑想している風景と重なります。そのまま1時間目の学習にスムーズに入れるので、学習への効果は大きいと思います。

こしぼねタイム(朝の活動)


みんなでこしぼタイム(前期前半の終わりの式)


投稿者: ono 投稿日時: 2012-8-22 16:50:38 (571 ヒット)

 今年も例年通り6月からプール学習がスタートしました。子どもたちにとっては楽しみな学習の一つです。泳力を高めるだけでなく、水から命を守る「着衣泳」も行いました。
 今年の夏も各地で水難事故が起き、多くの尊い命が奪われました。特に小中学生の死亡事故には心を痛めます。本校区の子どもたちはきまりを守って、夏休みを楽しく過ごしているようです。

低学年のプール学習(小プールで水に慣れるために水遊びをしました)  


着衣泳(6年生) 「浮いたよ!」 福岡着衣泳会の方々が指導してくださいました。 


投稿者: ono 投稿日時: 2012-7-1 14:57:04 (607 ヒット)

 お祭り大好きな6年生がリーダーとなって、赤組も白組も例年にないほど団結した素晴らしい運動会になりました。本校の運動会は、地域種目もあります。学校と地域が一緒になって運動会を盛り上げ、絆づくりを行いました。

5,6年生の組体操「未来へ、みんなの力、無限大」 みんなの心が一つになった瞬間!


応援合戦(応援団が団結の要の役割を果たしました)


来入児「もうすぐ1年生」 学校・地域みんなで大歓迎!


地域種目「校区玉入れ」(世代を超えて楽しく玉入れを競いました。)


« 1 ... 7 8 9 (10)

最近の投稿画像
※投稿は、こちらから ≫ Go
※保護者のみなさん・地域の方々からの投稿をお待ちしています。
前期前半終わりの式
  (2008-7-18)
前期前半終わりの式
no title
  (2008-5-17)
no title
小野校区「通学合宿...
  (2008-5-17)
小野校区「通学合宿...

今後の予定
予定なし

ミニカレンダー
前月2019年 12月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>

関連サイト新着記事
  ≫ もっと詳しく

n002lin
福岡県古賀市米多比1390−2          
  古賀市立 
小野小学校       
  TEL  092-946-2331